CONCEPT

リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションの違いを
ご説明いたします

老朽化箇所を修復し、新築時のような価値を再び取り戻すのがリフォーム、
リフォームをきっかけに物件を一新し、新しい暮らし方や住まいの憧れを叶えるために
新築時以上の価値を加えるのがリノベーション。
それぞれの違いについて詳しくご説明いたします。

リフォームとリノベーション

リフォーム

リフォーム

老朽化した住居空間を快適な形に修理・修繕・改築などすること

「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築状態に戻すことをいいます。アパートマンションなどの集合住宅の場合には入居者が退居した後、その入居者の住む前の状態に戻すことを指す場合があります。一般的には原状回復とも言われてたりしています。
「マイナスの状態のものをゼロの状態にに戻すための機能の回復」という意味合いとして使われることが多いため、例えば、外装の塗り直しや、キッチンの設備の変更、壁紙の張り替えなどがリフォームとされています。

リノベーション

リノベーション

既存の建物に大規模な改修工事を加えて
性能を向上させたり価値を高めたりすること

「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、性能を新築の状態よりも向上させることをいいます。
リノベーションは新たな機能や価値を向上させることを表しています。そのため、リノベーションでは住まいの空間をよりデザイン性の高いものに改良したり、住環境を現代的なスタイルに合わせて間取りや内外装などを変更したりすることなどが含まれます。例えば、耐久性や耐震性を高めるために、仕切りの壁をなくして、広々としたリビングダイニングキッチンにしたりすることなどが「リノベーション」と言われています。
このように、リノベーションではライフスタイルや生活環境に合わせて間取りを含めて自由自在にアレンジできるという魅力から、近年では非常に人気が高まっています。

知っておきたい!
リノベーション3つのポイント

01

リノベーションはどんな物件が向いてるの?

リノベーションに向いているのは木造在来工法です。柱と梁で構成されているため最も手が加えやすいです。
耐震基準を満たしていない物件の場合は接合部を金物で補強したり耐力壁の増設を行います。

ロビンスジャパンでは、ご自宅のリノベーション・リフォームだけではなく、中古マンションや中古一戸建てなど物件探しの段階からご対応。 皆さまの理想を実現できるよう、事前調査を丁寧に行わせていただきます。

物件をお探しの方

物件をお探しの方

ロビンスジャパンでは、物件をご購入される前から皆さまの理想・ご要望を伺っております。

物件をお持ちの方

物件をお持ちの方

ご希望の物件が理想を実現できるか検討するために、現地のご見学へもご同行させていただいております。

02

間取りはどこまで自由にできるの?

屋根裏は天井を取り払うことにより、縦に空間が生まれます。開放感だけではなく、頑丈な構造体が住まいの可能性を大きく広げてくれます。大胆な照明やハンモックなどを吊るすことも可能になり、インテリアの幅が格段に増えリノベーションがより楽しくなります。

間取りはどこまで自由にできるの?01
間取りはどこまで自由にできるの?02
03

古い建物は寒くない?

ロビンスでは断熱材にもこだわっています。昔の断熱材は50mmで10kgでしたが、現在では100mmの16kgや100mmの24kgの密度の高いものを入れています。また、窓を二重サッシにするなど現在は性能面も良くなっており、設備費用が安くなっていることから電気式の床暖房の導入も増えています。

古い建物は寒くない?01
古い建物は寒くない?02

家づくりがわかるカタログ資料の請求や
物件の内覧ご同行・相談を
受け付けております。

資料請求 ご相談窓口